足湯にお酢を入れると効果抜群?!

162

foot bath

いつもの足湯にお酢を入れるだけで、いくつかの一般的な病気を予防・改善することが期待できます。

サンダルの季節が来たり、足の指の間がかゆくなったりしてようやく、足の見た目が気になりはじめますよね?それまでは、足先なんてあまり気を配らないことが多いかと思います。冬の間、足をほったらかしにしすぎたという方、そろそろ足のお手入れをはじめませんか?足をキレイにするには、お湯とお酢を使って、自宅でペディキュアをするだけです。以下では、その驚きの方法についてご紹介します!

皮膚炎感染症

皮膚炎感染症は、足によく見られる真菌感染症で、主に足の裏や足指の間に湿疹が見られます。よく知られている感染場所はプールですが、他の場所でも同様に、裸足で歩いているだけで感染します。主な症状としては、皮膚の乾燥、かさつき、かゆみ、さらには炎症や水ぶくれを引き起こします。そこで、お酢の登場です。お酢が持つ抗真菌作用により、皮膚炎の治療に役立ちます。定期的にお酢を足に浴びせることで、症状を和らげ、感染を抑えてくれます。

お酢を入れた足湯のその他の効果について次のページでチェックしよう!