Content we are proud of

Restaurant Stakeout

Our Favorite TV Shows We Didn’t Know Were Staged

0
Ever wondered if our favorite reality TV shows are real or fake? You see, show producers and the cast members often play around with...
La-Z-Boy

Designs To Avoid When Decorating Your Home

0
Change is an inevitable part of life, and our tastes and interests may vary as we get older. For example, we may have enjoyed...
Kevin Hart

From Mistress To Mrs. – Stars That Married ‘The Other Woman’

0
Can you believe how eventful and full of drama the lives of celebrities are? It seems like their reality is just as exciting as...

日本語

おなかが空いたとき、絶対に食べないでください

0
朝食が一日で最も重要な食事であることはみなさんご存じですが、午前中に好きなものをなんでも食べていいわけではないこともご存じですか?ヨーグルト、コーヒー、新鮮なオレンジジュース ー これらはおそらくほとんどの人が完璧な朝ごはんと想像するものではないでしょうか。でも実は、空腹時に食べると私たちの体にとってあまり良くない食品があることを知っている人は、残念ながらごく一部です。それなので、この記事の中で午前中に食べるのを避けるべき食品について説明したいと思います。 トマト トマトはビタミンCなどの栄養素が豊富ですが、空腹時には絶対に避けてください。トマトに含まれるタンニン酸は胃の酸性度を高め、胃の問題を引き起こす可能性があります。それなので胃潰瘍などの胃の問題を既に抱えている人は、酸性の食品を避けた方が身のためです。 炭酸飲料 多くの人が、どんな時でもソフトドリンクを飲んで大丈夫だと思っているようですが、それはお勧めしません。空腹時にソフトドリンクを飲むと、胃がとても膨満する可能性があります。さらにもっとひどいことに、胃酸のレベルを上げることになるかもしれません。長期間この状態が続くと食道がんの原因になります。酸のレベルが高すぎると、浸食が引き起こされる可能性があります。それなので、次回その炭酸飲料に手を出す前に、よく考えてみてくださいね。 ショートクラスト/パイ生地 ほとんどの人は早朝に、急いで家を出る際に食卓や台所にある食べ物に手を伸ばすことでしょう。しかし、その代表格であるパイ生地のような軽食は、おなかを満たすことはできても健康には良くありません。なぜなら、このような軽食にはイーストが多く含まれ、胃を刺激してしまうからです。そのため、朝食には消化しやすく栄養価の高い食材を選ぶことが重要です。 辛い食べ物 スパイスは料理の味や香りを引き立てますが、空腹時に辛い料理を食べるのはあまりよいことではありません。なぜならば、胃の炎症が発生し、のちに胃痛や酸性反応を引き起こすからです。また、非常にきつい味付けのため、消化不良を引き起こす可能性があります。辛い食べ物の例としては、にんにく、唐辛子、生姜などが挙げられます。健康を考慮する上で、食事のバランスとタイミングに配慮することが重要です。 甘い物 砂糖は非常に消化が早いかもしれませんが、空腹時に砂糖が摂取されると、体は血液を正常なレベルに維持するための十分なインスリンを分泌できなくなります。これが起こると、眼の病気の原因となります。さらに、砂糖は体の酸とアルカリのバランスを崩します。したがって、高血糖で糖尿病のリスクがある人は、甘いお菓子を避ける必要があります。健康を考慮する上で、砂糖の摂取量を制限することが重要です。 砂糖を含む食品を避けることで、血糖値を安定させ、糖尿病やその他の慢性疾患のリスクを軽減することができます。 ヨーグルト ヨーグルトは健康に良い効果をたくさんもたらす乳酸菌でいっぱいです。しかし、その乳酸は空腹時の胃酸のせいで効果がなくなります。これによって乳製品に含まれる乳酸菌が死滅し、もっと酸性になってしまいます。そのため、ヨーグルトは、食後1~2時間後におやつとして食べるのが一番でしょう。空腹時に食べることは避けてください。ヨーグルトを食後に摂取することで、乳酸菌の効果を最大限に活かすことができます。 洋梨 洋梨にはたくさんの粗い繊維質が含まれています。空腹時に食べると、デリケートな粘膜に害を及ぼし、腹痛を引き起こすことがあります。そのため、洋梨を食べる場合はほかの食品(穀物やオートミールなど)を食べた後に食べることをお勧めします。これにより、消化を助けるための適切な環境が整い、洋梨の栄養を最大限に利用することができます。 また、洋梨をよく噛んで食べることも重要です。よく噛むことで、食物繊維がより細かくなり、消化器官にやさしくなります。

秘められた7つの健康効果と3つのリスク

0
スーパーで気軽に購入でき種類も豊富な貝類は、おいしくヘルシーな食生活を手軽に実現できる心強い食材だ。ベビーホタテをサラダに加えたり、アサリで味噌汁を作ったり、ムール貝やホタテをメインディッシュに取り入れたりと、活用法はさまざまであり、料理のバリエーションも豊富です。そんな貝類は人間の体にどのような影響をあたえてくれるかみていきましょう。 英BBCの食品セクション「グッド・フード」や、米健康情報サイトの「ヘルス・ライン」などが、そんな貝類の健康効果を紹介している。7つのメリットと、気をつけたい3つのリスクを見ていこう。 健康効果1.ダイエットを促進する 貝類は低カロリーかつ高タンパクである。豊富なタンパク質により適度な満腹感を得られ、間食や食べ過ぎを防ぐことでダイエットに貢献する。特にタンパク質が豊富なアサリはダイエットに適している。 また、オメガ3脂肪酸を多く含むカキやムール貝は、一般的な高タンパク質食品よりも満腹感を高めてくれる。カロリー制限ダイエットをしている体重過多の成人を対象とした研究では、ダイエット中にオメガ3脂肪酸を多く摂取した人は、大きな満腹感を感じることが判明した。 健康効果2.脳を活性化する 貝類に含まれる栄養素は、脳の健康、すなわち脳の活性化に必要不可欠だ。ビタミンB12とオメガ3脂肪酸が不足すると、子供では脳の発達に問題を生じ、成人でも健全な脳機能に影響を及ぼすリスク因子になることがあると発表されている。ある研究によると、貝類が含むビタミンB12とオメガ3脂肪酸は互いの効果を強化し合い、脳の健康を促進する可能性があるという。脳の発達の為にも、若いころから積極的に貝類を摂取する必要がある。 健康効果3.心疾患リスクを下げる 貝類に豊富なオメガ3脂肪酸とビタミンB12は、心臓の健康をサポートする栄養素でもあることが分かっている。複数の研究により、魚介類から得られるオメガ3脂肪酸の摂取により、心疾患のリスクが低下することが示されている。オメガ3の抗炎症作用が効果を発揮したと考えられる。 貝類のなかでも、特にムール貝は多価不飽和脂肪酸(PUFA)とオメガ3脂肪酸が豊富だ。LDLコレステロール(悪玉コレステロール)を下げ心疾患のリスクを抑える効果が期待できる。 健康効果4.免疫力の向上 牡蠣、アサリ、ムール貝などの一部の貝類は、免疫力を高める亜鉛が豊富とされている。亜鉛は体の免疫反応を担う細胞に欠かせないミネラルであり、抗酸化剤としても機能し炎症によるダメージから身体を保護することが分かっている。 90歳以上の健康な成人62人を対象とした研究では、亜鉛が不足すると、特定の免疫細胞の活動が低下することが示された。このことにより、高齢者は特に亜鉛を積極的に摂取する必要があると言える。 健康効果5.骨粗鬆症を未然に防ぐ 多くの貝類はビタミンB12が豊富であり、これは健康的な骨の形成に欠かせない栄養素となっていることは既に多くの人は周知していることだろう。そして、ビタミンB12が不足すると、加齢とともに骨粗鬆症(こつそしょうしょう)のリスクが高まってしまう事も多くの人に周知されている。この事より、高齢者は当然だが、若者に関しても健康な骨を作るためにも貝類を積極的に摂取し、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)のリスク低減だけでなく、骨折しにくい骨づくりの為にも。 健康効果6.貧血予防 貝のなかでも特にムール貝は鉄分が豊富であることが分かっており、これは貧血の予防にとても有益である。約85グラムを食べるだけで、1日に必要な鉄分の約3分の1を摂取することができる。ムール貝には赤血球の生成に必要なビタミンB12も豊富に含まれており、これも貧血予防に効果的だ。これらの事より、貧血予防には貝類、特にムール貝が効果的であることが言える 健康効果7.ビタミンとミネラルがぎっしり! 貝類は一般に、ビタミンE、ビタミンB6、ナイアシン、リン、マグネシウム、ビタミンB12、銅、カリウム、リボフラビン、鉄などの栄養素を豊富に含むとされている。また、細胞の損傷を防ぎ、水銀の排出に役立つといわれるセレンや、甲状腺機能を支援するヨウ素、免疫系の維持に有益な亜鉛など、健康をサポートする栄養素が豊富なことが特徴となっている。貝類は、いわゆる健康補助食品と言っても過言ではないほど優れた食材であることが分かる。 リスク1.貝アレルギーの存在 日本では卵、牛乳、小麦粉などが食物アレルギーとして一般的であるが、貝アレルギーは聞きなれてない。しかし実を言うとは世界的に見ても、貝アレルギーは珍しくなく、アメリカではなんと約2%の人が有するとされる。貝アレルギーの症状は軽度から重度までさまざまで、一般的な食物アレルギー同様に、摂取すると免疫系が反応してアレルギー反応を引き起こすことが確認されている。これが一つ目のリスクである。 リスク2.食中毒になる可能性がある 貝には食中毒のリスクが存在する。アメリカでは、1973年から2006年に報告された食中毒のうち、なんと45%以上が貝類に関連していた。食中毒は、貝に含まれるバクテリアやウイルス、寄生虫によって引き起こされる。保管と調理を適切に行うことで予防できるが、特に妊婦や授乳中の女性、高齢者、免疫系が弱っている人は、貝の生食は避けなければいけない。重症化の恐れがあるからだ。これが二つ目のリスクとなる。 リスク3.重金属の蓄積の可能性がある 実は貝類には水銀やカドミウムなどの重金属が蓄積されているおそれがある。これらの重金属を摂取すると人間の体内からも排出されず、徐々に蓄積してゆく。蓄積されていくと臓器の損傷など、健康問題を引き起こすことがある。もっとも、一般的には、市販されている貝類の重金属濃度は規制値を下回っているため、過度に恐れる必要はないだろう。しかしながら、重金属が蓄積している可能性があることを承知しておくことは、消費者としての責務である。

Русский

Хотели бы вы жить в контейнерном доме?

0
Человека всегда очень волнует  внешний вид вещей, это чувство cидит глубоко внутри каждого из нас. Как говорят, встречают по одёжке, но не часто люди...

Türk